スマートフォン向け表示へ戻る
ホーム > 会社案内 > 働き方改革への取り組み
会社案内
働き方改革への取り組み

ソフトバンク コマース&サービスの働き方改革への取り組みをご紹介します。当社は「Smart & Fun ! ~ITを駆使して、スマートに楽しく働こう~」の社内スローガンのもと、働き方改革推進の一環として、社員が最適な働き方で組織と個人の生産性を最大化することを目的に下記のような取り組みを実施しています。

取り組み紹介
フレックスタイム制

「フレックスタイム制」の活用を推奨し、メリハリのある働き方を促進しています。「スーパーフレックスタイム制」についても、順次導入を進め「働く時間帯」の制約を解放し社員一人ひとりが最適な働き方ができる組織を目指します。よりメリハリのある働き方を実現できる仕組みを導入することで、最も効率良く働き、社員一人ひとりがプロフェッショナルとして成果を最大化することを目指します。

※スーパーフレックスタイム制・・・コアタイムの無いフレックスタイム制

在宅勤務制度

当社は2015年7月に独自の在宅勤務制度を整備し、育児・介護に関わる短時間勤務以外の社員も利用可能とし、利用日数上限がない「常時在宅」も導入しています。

在宅勤務の利用者を拡大することにより、「働く場所」の制約を解放し効率的な時間活用を促進し、より多くの社員が活用できるよう、在宅勤務制度や運用ルールをブラッシュアップしています。

2017年度はテレワーク・デイに参加しました。

テレワーク・デイ推進フォーラム ウェブサイト (別ウィンドウで開きます)

在宅勤務制度
NO残業Day

退社後のプライベートな時間の充実や、健康的な日常生活を過ごしてもらうために、週に1度、毎週水曜日にNO残業Dayを設けています。

NO残業Day
プレミアムフライデー

経済産業省と経団連が中心となり官民一体で推進する「プレミアムフライデー」に賛同し、2017年2月より、毎月最終金曜日は15:00退社を推奨しています。

プレミアムフライデー ウェブサイト (別ウィンドウで開きます)

プレミアムフライデー