スマートフォン向け表示へ戻る
ホーム > 個人情報について

個人情報について

ソフトバンク コマース&サービス株式会社(以下「当社」)は、「個人情報の保護に関する法律(平成15年法律第57号)」を踏まえ、 個人情報の取り扱いに関するプライバシーポリシーとして本「個人情報保護のための行動指針」を策定しました。
当社は、この「個人情報保護のための行動指針」を遵守するとともに、お客さまの情報をはじめとする全ての個人情報をより安全かつ適切に取り扱うことを宣言します。

プライバシーポリシー

個人情報保護について

本「個人情報保護のための行動指針」は、当社が収集し利用する全ての個人情報をその対象として、当社の個人情報に関する基本的な指針を定めるものです。

個人情報保護のための行動指針

個人情報の取り扱いについて

社員等個人情報について

当社が取り扱う個人情報のうち、社員等個人情報を以下のとおり取り扱います。

社員等個人情報の取り扱いについて

本「個人情報について」以外の個人情報を収集する場合の利用目的は、収集の都度、明確にします。

情報セキュリティポリシー

ソフトバンク コマース&サービス株式会社(以下「当社」)は、情報漏えいリスクに対し抜本的、かつハイレベルの対策を講じることにより、お客さまをはじめ社会からの信頼を常に得られるよう、「情報セキュリティポリシー」を策定しました。
今後はこの「情報セキュリティポリシー」および別掲の「個人情報保護のための行動指針(プライバシーポリシー)」を遵守し、さまざまな脅威から情報資産を保護し、かつ適正に取り扱うことにより、情報セキュリティの維持に努めます。

情報セキュリティポリシーの運用

  1. 1. 情報セキュリティ管理体制の構築
  2. 当社が保有する全ての情報資産の保護に努め、情報セキュリティに関する法令その他の規範を遵守することにより、社会からの信頼を常に得られるよう、非常にセキュアな情報セキュリティ管理体制を構築していきます。
  3. 2. 「情報セキュリティ管理責任者」の配置
  4. 当社は「情報セキュリティ管理責任者(CISO)」を設置し、情報セキュリティの責任者を明確にしています。また、各本部の本部長を情報セキュリティ本部責任者とすることにより、情報セキュリティ管理責任者が全社レベルの情報セキュリティの状況を正確に把握し、必要な対策を迅速に実施できるよう積極的な活動を行います。
  5. 3. 情報セキュリティに関する内部規程の整備
  6. 情報セキュリティポリシーに基づいた内部規程を整備し、個人情報だけではなく、情報資産全般の取り扱いについて明確な方針を示すとともに、情報漏えい等に対しては、厳しい態度で臨むことを社内外に周知徹底します。
  7. 4. 監査体制の整備・充実
  8. 情報セキュリティポリシーおよび規程、ルールなどへの準拠性に対する内部監査を実施できる体制を整備していきます。また、より客観的な評価を得るために外部監査を継続していくことに努めます。
    これらの監査を計画的に実施することにより、従業員などがセキュリティポリシーを遵守していることを証明します。
  9. 5. 情報セキュリティ対策を徹底したシステムの実現
  10. 情報資産に対する不正な侵入、漏えい、改ざん、紛失、破壊、利用妨害等が発生しないよう、徹底した対策を反映したシステムを実現していきます。対策としてはセキュリティエリアでの作業、 「need to knowの原則※」に基づくアクセス権付与、データベースアクセス権の制限など、データやシステムへのアクセスを徹底的に管理する考え方で臨みます。
    [注]※need to knowの原則:「情報は知る必要のある人のみに伝え、知る必要のない人には伝えない」という原則
  11. 6. 情報セキュリティリテラシーの向上
  12. 従業員などにセキュリティ教育・訓練を徹底し、当社の情報資産に関わる全員が、情報セキュリティリテラシーを持って業務を遂行できるようにします。また、刻々と変わる状況に対応できるよう、教育・訓練を継続していきます。
  13. 7. 業務委託先の管理体制強化
  14. 業務委託契約を締結する際には、業務委託先としての適格性を十分に審査し、当社と同等以上のセキュリティレベルを維持するよう要請していきます。また、これらのセキュリティレベルが適切に維持されていることを確認し続けていくために、業務委託先を継続的に見直し、契約の強化に努めます。
  15. 8. 情報セキュリティの継続的改善
  16. 社会的変化、技術的変化、法令等の変更などに伴い、情報セキュリティに関する内部規程や各種対策を継続的に見直し、改善を図ります。

情報セキュリティポリシーの対象

当ポリシーが対象とする「情報資産」とは、当社の企業活動において入手および知り得た情報、ならびに当社が業務上保有する全ての情報とし、この情報資産の取り扱いおよび管理に携わる当社の「役員、社員、派遣社員等」および、当社の情報資産を取り扱う「業務委託先およびその従業員」が遵守することとします。

附則

・この情報セキュリティポリシーは、2014年4月1日から施行します。

・この改正を、2014年11月1日から適用します。

・この改正を、2015年2月1日から適用します。

古物取引における個人情報の取り扱いについて

1.個人情報の利用目的

当社は、古物取引に関する業務の実施等を目的として、個人情報を以下の内容で利用いたします。

  1. (1)個人情報の利用目的
  2. 1. お客さまからのお問い合わせへの対応、古物の取引に関する手続きのご案内や情報の提供等のお客さまサポート
  3. 2. 古物取引の可否判断、当該契約後のお取引状況管理
  4. 3. 古物の査定、お客さまの真偽確認
  5. 4. 不正取引の防止
  6. 5. マーケティング調査および分析
  7. 6. 経営分析のための統計数値作成および分析結果の利用
  8. 7. その他、法令に基づく対応等を含めた、古物の取引等に必要な業務
  9. なお、上記以外の目的で当該個人情報を利用させていただく場合は、その都度、その利用目的を明確にし、お客さまから事前の同意をいただきます。
  10. (2)古物の取引で利用する個人情報
  11. 当社は以下の個人情報を、上記1)に記載した「個人情報の利用目的」のために取得し利用します。
  12. 申込者等の個人情報
  13. 氏名、生年月日、性別、住所、職業、続柄、連絡先、電話番号、電子メールアドレス、その他古物取引を実施するための情報や各種サービスを提供するために必要な情報

2.第三者提供

当社は、個人情報の保護に関する法律、古物営業法(昭和24年法律第108号)、その他の法令等の規定に従い、当社が取り扱う個人情報を第三者に提供する場合があります。また、以下のとおり当社が取り扱う個人情報を第三者に提供する場合があります。

当社が取り扱う古物に盗品等の疑いがある場合、当社は古物取引を希望するお客さまの個人情報(氏名、住所、生年月日、電話番号等)を、警察機関に提供する場合があります。

3.個人情報の開示、訂正等および利用停止等について

  1. (1)当社がお客さまより取得した個人情報の利用目的の通知または開示もしくは訂正等をご本人さまから求められた場合につきましては、書面にて回答します(ただし、ご本人さまの同意を得られた場合は、当該方法で回答します)。なお、当該回答をする際、実費を勘案した合理的な範囲内の手数料を頂戴する場合があります。
  2. (2)ご本人さまによる、当社がお客さまより取得した個人情報の開示もしくは訂正等に関するお問い合わせ、および当該個人情報の取り扱いに関する苦情のお申し出は下記の連絡先までお願いします。

個人情報お問い合わせ窓口

附則

・この古物取引における個人情報の取り扱いについては、2014年8月1日から施行します。